[映画] 映画『人間中毒』、ソン・スンホン&チョ・ヨジョンら最強キャスト公開

映画『人間中毒』(キム・デウ監督)が、ソン・スンホンとチョ・ヨジョンに続いてイム・ジヨンやオン・ジュワン、ユ・ヘジンという強力キャスティングラインを公開した。

『人間中毒』はベトナム戦が勃発した1969年を背景に、官舎の中で起こる男女の情愛を描いた映画だ。主人公キム・ジンピョン大佐役にソン・スンホンがキャスティングされた。
新人女優のイム・ジヨンが夫の先任のソン・スンホンと危険な恋に落ちるチョン・ガフン役を演じる。

チョ・ヨジョンはソン・スンホンの妻イ・スクジンに扮し、心の中に欲望を隠して夫のために献身的に尽くす女性を描く。キム・デウ監督は「チョ・ヨジョンは、助演にもかかわらず快諾してくれてそれが大きな力になった。
映画『春香秘伝The Servant房子伝』でチョ・ヨジョンという女優の持つ魅力をすべて見せられなかったという気がして今回の映画への出演を提案した」と明らかにした。

オン・ジュワンはソン・スンホンの部下でありソン・スンホンと恋に落ちるイム・ジヨンの夫キョン・ウジンを演じる。ユ・ヘジンは軍人の身分を捨て、小さな音楽鑑賞店を経営しながら生きていくイム社長役に扮する。

『人間中毒』のメガホンを取ったキム・デウ監督は、『情事』『スキャンダル』の脚本を書き、『淫乱書生』『春香秘伝The Servant房子伝』を演出した。前作に続いて過激な作品に仕上がるのではと期待を集めている。

一方、『人間中毒』は10月にクランクインして来年上半期に公開される予定だ。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 09月 24日 14:36