[映画] 映画『観相』、公開13日間で観客700万突破

映画『観相』が公開13日で累積観客数700万人を越えた。

24日、映画振興委員会映画館入場券統合電算網によると、『観相』は23日の1日間で14万9918人を集め、ボックスオフィス1位を占めた。この日までの累積観客数は702万3456人を記録した。

これに先立ち『観相』は今月11日に公開されてから3日間で100万人を集めた。引き続き公開10日目には500万の大台を越えて話題になった。

映画を見た観客から好評が相次いでおり、このまま観客流入率を安定して維持して行けば1000万突破も可能だという分析だ。

『観相』は、癸酉靖難(政権奪取のため首陽大君によって起こされたクーデター事件)が起きた1453年の朝鮮を背景に、この事件の裏に天才観相家の活躍があったという想像を加味したフィクション時代映画だ。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 09月 24日 11:02