[K-POP] JAY PARK、独立ヒップホップレーベル「AOMG」を設立

歌手JAY PARKが独立レーベル「AOMG」を設立、今後直接ヒップホップ界の後輩を育てていく計画だ。

JAY PARKは所属事務所iHQのサポートを受けながら自身のアルバムのプロデュースをはじめ音楽領域の拡張、さらに後輩の養成のためのスペースを備えるため独立ヒップホップレーベル『AOMG』 を設立した。

「AOMG」は“ABOVE ORDINARY MUSIC GROUP”の略語で、一般的ではない音楽をする集まりを意味する。

ヒップホップレーベル「AOMG」にはJAY PARKを中心に、フィソンやBIGBANG(ビッグバン)のSOL、JAY PARKなどのアルバム制作に参加したことのあるチョングンと、Zion.TやSwingsなどのヒップホップミュージシャンのアルバムに、作曲家兼フィーチャリングとして参加し、ここに実力派のGRAY、JAY PARKが所属しているB-BoyチームAOMのメンバーで音楽的パートナーであるチャチャマロンが合流した。

「AOMG」の音楽はヒップホップとR&Bを基本としたレーベルとなる。

写真=HNS ADCOM


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 09月 24日 14:47