[ドラマ] 「結婚の女神」キム・ジフン&イ・サンウのカリスマ対決

俳優イ・サンウ&キム・ジフンはSBS週末ドラマ「結婚の女神」(脚本:チョ・ジョンソン、演出:オ・ジンソク)で、それぞれ純粋な愛を求める建築士キム・ヒョンウとカリスマあふれる検事カン・テウク役を熱演している。それぞれ違った方法で1人の女性を思い続ける2人の男性に、女性視聴者が釘付けになっている。

息づかいすら聞こえないほど強力なオーラが放たれたイ・サンウ&キム・ジフンのカリスマ対決は17日、ソウル・上岩洞(サンアムドン)で撮影された。緊張したシーンの撮影のため、2人は現場に到着するやいなや相手のセリフまで入念にチェックするなど、何度も台本を見直し撮影準備に没頭した。

長時間のリハーサル後に撮影が始まると、2人は真剣な表情で撮影を進めた。特にこの日はイ・サンウ&キム・ジフンは膨大な量のセリフが続くにもかかわらず一度もNGなしで感情を爆発させる熱演を続け、スタッフに絶賛された。厳しい撮影スケジュールにもかかわらず撮影の合間に互いのキャラクターについて意見を交わし合うなど、細心の配慮を惜しまなかった。

同ドラマの制作会社は「色濃くなる確執の中、危機に面したイ・サンウとキム・ジフンが出会い、ドラマのラブラインが絶頂の展開を迎える」としながら「このライバル2人の出会いがどのような結果を織りなすのか、ドラマの最後まで見守ってほしい」と伝えた。

写真= Samhwa Networks


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 09月 22日 18:25