[K-POP] B1A4が2度目の単独コンサート…各メンバーが成長

グループB1A4が2度目の単独コンサートで大きな成長を見せた。

B1A4(ジニョン、サンドゥル、シヌゥ、バロ、ゴンチャン)は8月、ソウル広津区広壮洞のAXホールで5日間、2回目の単独コンサート「2013 B1A4 LIMITED SHOW - AMAZING STORE」を行い、観客1万人(5回公演、1回あたり2000人)を集めた。

今回の公演は、昨年12月に初コンサートを終えたメンバーがすぐに企画を始め、6カ月間にわたり映像・編曲・舞台構成など全体に参加した。前売り開始と同時にチケットが完売するほどファンが増え、アジア市場で認知度が高まっているB1A4に、最高の韓流雑誌『K&』が単独インタビューをした。

メンバー全員が構成に参加しただけに、公演はキメ細かさが目立った。「おやすみ good night」「イゲ ムスン イリヤ~なんで?どうして?」などヒット曲18曲はバンドバージョンに編曲され、音楽への意欲を表した。メンバーのラブストーリーを込めて制作したミュージックドラマもあった。ジニョン、サンドゥル、シヌゥ、ゴンチャンはさらに安定したボーカルと感性を見せ、バロはラップだけでなく歌唱力も誇った。

2011年4月にデビューした後、ミュージカル・ドラマ・映画を通じて演技の経歴も積み重ね、余裕ある表情と舞台演出力が目を引いた。B1A4は先月27日から9月中旬まで日本ZEPP TOURを行っている。


『K&』10月号にはこのほか、東方神起、チャン・グンソク、ZE:A、超新星の近況、話題作『雪国列車』のポン・ジュノ監督と俳優ソン・ガンホのインタビューなどが掲載されている。


Copyright 中央日報日本語版 2013年 09月 20日 16:56