[K-POP] 米NYT、G-DRAGON絶賛「遠からず世界が彼から学ぶようになる」

米国メディアのニューヨーク・タイムズがG-DRAGONの新しいアルバム『COUP D’ETAT(クーデター)』を絶賛した。

ニューヨーク・タイムズは15日(米国時間)、オンライン版通じて「K-Pop’s Antic Emissary Raids the Cupboard(K-POPの風変わりな特使が空襲をかける)」という見出しでBIGBANGのG-DRAGONのセカンド・アルバムに対するレビューを掲載した。

「タイトル曲『ねじれてる』はジャンル・スタイルのトップランナー」とし「いかなるスタイルも消化し、自信にあふれて威風堂々と動きまわる。G-DRAGONは自分自身を劇場のように絶えず表現していく」と絶賛した。

特異な点はG-DRAGONを米国男性歌手ではなく、レディー・ガガやニキー・ミナージュらの個性が強い女性ミュージシャンと比較していることだ。

ニューヨーク・タイムズは「G-DRAGONは音楽を総合的に表現する能力があり、今後もビジュアルを通じて音楽を伝えることに力を注ぐなら、一層前進できるはずだ」とし「(米国のポップを)模倣しているように見えるK-POPが別の方向を見せることで、遠からず世界は彼(G-DRAGON)から学ぶことになるだろう」と書いて目を引いた。

一方、ニューヨーク・タイムズのG-DRAGONのアルバム・レビュー記事は16日付の紙面にも掲載される。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 09月 17日 15:54