[映画] ついにベールを脱いだ!オム・テウン主演の映画“トップスター”

俳優パク・ジュンフン監督のデビュー作“トップスター”がポスターを初公開した。

芸能界の華やかさの中に隠された話をパク・ジュンフンが描いた映画“トップスター”(監督パク・ジュンフン/制作セウム映画社)がレッドカーペッドポスターを9月17日に公開した。

最高を夢見る男テシク(オム・テウン)と最高のスターウォンジュン(キム・ミンジュン)、最高を作る女であり、ウォンジュンの長い恋人ミナ(ソ・イヒョン)まで“トップスター”は華やかに見えるが、成功と裏切り、夢と欲望が入り乱れた彼らの隠されたストーリーを描いている。

今回公開されたポスターは、最高の地位を夢見る彼らが見つめているレッドカーペッドの上でカメラのフラッシュを浴びている3人の男女オム・テウン、キム・ミンジュン、ソ・イヒョンが描かれている。

カメラを睨みつけ、何かを渇望しているかのような眼差しを見せているオム・テウンとは違い、最高の地位を誇っているキム・ミンジュンとソ・イヒョンからは余裕が感じられる。同じ空間にいるが、あまりにも違う3人の表情は“トップスター”の中での彼らの関係性を読み取ることが出来る。

特にレッドカーペッドは、トップスターに対するテシクの欲望が始まるところであり、そこから繰り広げられるドラマに期待が集まっている。

28年間俳優としての人生を生きてきたパク・ジュンフンがメガホンをとった映画“トップスター”は10月24日に公開される。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 09月 17日 11:20