[ドラマ] 俳優コ・ス「20歳の頃のIMF、ドラマで深く体験」 (1)

4年ぶりにテレビドラマでカムバックした俳優コ・ス(35)が、これまでにない姿を見せてファンたちに新鮮な衝撃を与えた。

(ダビデ像をもじった)“コビデ”というニックネームよろしく彫刻のような容貌は相変わらずだが、これまで主に見せていた純粋で魅力的な男性ではなく、欲望と野心に満ちたキャラクターに挑んで「演技の幅を広げた」という話が聞かれる。

コ・スが選んだSBS(ソウル放送)の月火ドラマ『黄金の帝国』は、新都市開発やIMF、ベンチャー熱風、世界金融危機など過去20年余りの韓国経済史を扱ったドラマだ。

平均10%序盤の視聴率でマニア層を形成している。17日に放映終了を控えている。

このドラマでコ・スが演じたチャン・テジュは、庶民の息子として生まれ「乙の悲しみ」を体験した人物。大企業ソンジングループの横暴によって父親が死に追い込まれると、この会社を掌握するために突っ走っていく勝負師として生まれ変わる。

この過程でコ・スは目的のためにソンジングループ設立者であるパク・グニョン(チェ・ドンソン役)の次女イ・ヨウォン(チェ・ソユン役)と愛のない結婚までする冷酷な姿を見せた。

イ・ウォンジェ(キム議員役)を刃物で刺した後、自身を愛していた女チャン・シニョン(ユン・ソルヒ役)に罪をきせることもした。

チャン・シニョンの手に刃物を渡して「君が殺したんだよ」と話す場面で、コ・スはデビュー以来1度も見せたことのなかった「殺気に満ちた目つき」で表現した。

コ・スは韓国日刊スポーツとのインタビューで「欲と野望でいっぱいのチャン・テジュは実際の私の性格とは正反対のキャラクター」として「狂気じみた場面を表現するのがとても苦労した」と打ち明けた。

- 『黄金の帝国』は同じ制作スタッフの前作『追跡者』に比べて内容が大変難しいという評価を聞いている。

「善悪構図があいまいで、そんなふうに感じることもある。この作品の最も大きな特徴は、人物が互いに争ったり笑ったりするが、第三者が見るととても哀れに見えるという点だ。もともと良い姿と悪漢の姿が共存するというのが人ではないだろうか。誰かに感情移入して応援するのは容易ではないが、結局それが私たちのドラマの色として見せようと思った意図だ」

- 経済・不動産用語が入り混ざったセリフをこなすのは容易ではないようだ。

「周囲から『勉強しながら見るドラマ』だと聞いた。私もやはりこのドラマを撮影しながらたくさん勉強した。俳優も台本を見て分からない単語が出てくれば、もう一度その意味を確認してみたりした。振り返ってみればIMFの時、私は20歳だった。当時、両親の周りの人々がとても苦労していたことを思い出す。その時は『韓国の人々は大変な時に早く団結して危機から抜け出したんだな』『素晴らしい国民だ』という思いだけだった。だが今回の作品を通じて歴史の内部事情をさらに深く体験してみて、理解することができた」

- 作品性については良い評価が出てきている。誰の功績が一番大きかったか。

「パク・ギョンス作家の功労が大きかった。私がこの作品を選んだ理由も『追跡者』の時のパク作家の筆力を見たためだ。やはり2番目の作品でも話をリードしていく特有の力がものすごかった。もちろん断片的な台本が出てきて苦しいけれども、韓国作品でこれを避けることは難しい(笑)」。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 09月 16日 14:46