[K-POP] 歌手テウォン、本日(16日)新曲バラードで電撃カムバック

テウォンは16日の正午、音楽配信サイトを通じて新人作曲家L.Kと手がけた新曲「Sad song」でカムバックした。

2006年にVibe ユン・ミンスがプロデュースした曲「女よ」でデビューしてから、多くのドラマOST(劇中歌)に参加し、実力派ボーカリストとして知られたテウォンは、新曲「Sad song」を通じて切ないバラードの真髄を見せてくれた。

俳優チェ・ジニョクとキム・ガウンが恋人同士として出演するMVで、リリース前から期待されてきた「Sad song」は、テウォンのハスキーなソウルボイスと切ない感性が引き立つクラシックな正統派ロックバラードだ。

テウォンは新曲「Sad song」で音楽番組などに出演し、活発に活動する予定だ。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 09月 16日 19:04