[芸能] 俳優チャン・グンソク、日本で「チャンセイション」巻き起こす

韓日両国を通じて最高のミュージシャンに成長した俳優チャン・グンソクの人気は一筋縄ではいかない。日本国内で「チャンセイション(チャン・グンソク+センセーション)」という新造語が生まれるほど、その熱気はいまだ冷める様子を見せない。

今年8月、日本で「ZIKZIN fes.」「MTV ZUSHI FES 13 Supported by RIVIERA」「SUMMER SONIC 2013」の“3連打マルチヒット”を記録し、「キング・オブ・フェスティバル」というニックネームで公演ごとに個性あふれる独特な舞台でセンセーショナルを巻き起こしたチャン・グンソクを、最高の韓流雑誌『K&』が同行取材した。

彼の音楽パートナー、BIG BROTHERと結成したプロジェクトグループ「Team H」はアジア最大規模の音楽フェスティバル「SUMMER SONIC 2013」と「MTV ZUSHI FES 13」に同時出撃し、猛暑も飛ばすような情熱的なステージを見せて日本列島を掌握した。「MTV ZUSHI FES 13」のエンディングステージを飾ることになったTeam Hは、準備されたセットリストの他にも即興的な選曲で公演を繰り広げ、『I Just Wanna Have Fun』『我慢するだけ我慢した』などおよそ10曲で5000人の観客から爆発的な反応を得た。

45分間ノンストップで披露されたTeam Hのパフォーマンスに、公式中継サイト「Wow Wow」ツイッターのトレンド順位1位を席巻したほか、公演直後に米ロックグループのMetallica(メタリカ)を抜いて日本国内ツイッター検索語1位になり、2回連続「SUMMER SONIC」舞台に立った彼のパフォーマンスセンスと情熱を立証した。

この他にも『K&』10月号には東方神起、B1A4(ビーワンエーフォー)、ZE:A、超新星の話題や話題作『雪国列車』の2人の主役、ポン・ジュノ監督と俳優ソン・ガンホのインタビューなどホットニュースが満載だ。


Copyright 中央日報日本語版 2013年 09月 13日 17:06