[ドラマ] “女優”BoAがドラマ『恋愛を期待して』熱演、13年待った甲斐あった?

“女優”BoAが初めての演技で合格点をもらった。

BoAは11日午後10時に放送されたKBS(韓国放送公社)第2テレビの全2話ドラマ『恋愛を期待して』を通じてデビュー13年でドラマのヒロイン役で登場した。

劇中、BoAが演じたキャラクターは「希代の執着女」チュ・ヨネ。この日BoAは優れた美貌と気さくな性格でモテてはいるが、恋人にはいつも裏切られる女子大生役を演じた。

BoAの演技は「上手だ」と評価するにはいま一つだったが、視聴者からは可能性が見えると「合格サイン」をもらえた雰囲気だ。

最初の場面では、BoAは映画『猟奇的な彼女』の女優チョン・ジヒョンをほうふつとさせた。浮気者の元恋人(イン・ギョジン扮)の顔に生タコを投げつけて暴言を吐きながら激しい怒りを表現した。この姿がオンラインの動画サイトに「生タコ女」というタイトルで掲載され、ネットユーザーの笑いを誘った。

また自身の親友カン・ドギョン(パク・ジンジュ扮)が新しい恋人のチョン・ジングク(イム・シワン扮)を一緒にいる姿を目撃した後、クールなふりをして背を向けるが引き返して涙を浮かべる繊細な感情演技も披露した。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 09月 12日 14:55