[K-POP] YG社屋にG-DRAGONの旗をあげて全面的に応援

YGエンターテイメントがG-DRAGONの正規2集の音源発表まで一日を控え、メディアファサード映像を公開し、超大型宣伝を始めた。

YGは9月12日午後3時、YG公式ブログを通してG-DRAGONの新曲『COUP D'ETAT』のイメージを活用した大型メディアファサード映像を公開した。

映像はソウル麻浦区合井洞(マポグ・ハプチョンドン)に位置するYG社屋の外壁に写る『COUP D'ETAT』メディアファサートを撮影したものだ。メディアファサードとは、ファサード(Facade)とメディア(Media)の複合単語として、建物の外壁などにビームで映像を投影し、メディア機能を具現するものをさす。

今回のメディアファサードは、G-DRAGONの正規2集『COUP D'ETAT』に使われたレッドとブラックの大型イメージで強烈な印象を与えるものとなっている。メディアファサードの設置を通しての宣伝は独特なもので、YGのような異色プロモーション戦略が高い効果を表すと思われる。

また、YGは会社の全車両に『COUP D'ETAT』のエンブレムを旗として製作し、取り付けるなどの独特な戦略を見せた。今月7日には2NE1のサンダラ・パクが旗の写真をツイッターにあげるなどして、関心を浴びていた。

一方、G-DRAGONは明日(13日)に『WINDOW』と『BLACK』の違うバージョンが収録された計14曲の正規アルバムを発売する。

G-DRAGONのアルバム発売記録も関心を浴びている。G-DRAGONの正規2集アルバムは音源公開後、“オールキル”(全てを独占し、獲得すること)はもちろん、チャートに何曲もランクさせるなどして、先行販売も30万枚に大幅に拡大した。

最近アメリカとイギリスの有名なメディアは、K-POPを越え、世界的なスターとして注目しているG-DRAGONに関する特集を組むなどの関心を見せている。海外メディアに注目を受け、YGメディアファサードと旗などの大型宣伝で応援を受けているG-DRAGONが本格的なソロ活動を通してどのような姿を見せてくれるか期待が集まっている。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 09月 12日 15:54