[ドラマ] “応答せよ1994”ポスター公開、7人7色のちょいださファッション

tvN“応答せよ1994”は、10月18日の初放送を控え、9月12日にポスターを公開した。“応答せよ1994”は、毎週金曜日と土曜日に放送される。tvNのドラマでは初の金土の週2回放送を決定した。

今回公開されたポスターには、“応答せよ1994”を引っ張っていくコ・アラ、チョンウ、ユ・ヨンソク、キム・ソンギュン、tiny-Gミン・ドヒ、B1A4バロ、ソン・ホジュンが1994年をそのまま再現した7人7色のファッションと劇中でのキャラクターをほのめかすポスターを公開した。

それだけではなく、“八道青春inソウル”、“ださいやつらの全盛時代”などの興味深いキャッチコピーが八道から上京した地方の若者たちが繰り広げる波乱万丈なソウル上京記を予告している。

演出者のCJ E&Mシン・ウォンホPDは、「“応答せよ1994”では慶南馬山(キョンナム・マサン)出身から全南順天(チョンナム・スンチョン)、忠北槐山(チュンブク・クェサン)、全南麗水(チョンナム・ヨス)などの全国八道から上京してきた若者たちの上京記を描く。無窮無尽の事件と予測不能のストーリでいっぱいだ。今まで一回も扱われてこなかった八道青春のストーリーがドラマでどのように描かれるか期待してほしい」と話した。“応答せよ1994”は、全国各地から上京してきた地方出身の学生たちが集まった下宿を背景に描かれる。地方の人たちの涙ぐましい上京記が地方の人たちには共感を、ソウルの人たちには新鮮さを感じさせるような、全世代共通で楽しめるストーリーを見せていく。

20年近く地方に住んでいて、大学のためにソウルに上京した下宿生たちのソウルに対する幻想とエピソードが面白く描かれ、また両親と離れて一人で住みながら味わう寂しさと下宿生の友達たちとの友情などを感動的に描く。

また、94年入学の新入生たちのキャンパス生活など、初々しかった感性を刺激するようなバスケ大会、ソ・テジと子供たちなどの1994年にシンドロープを起こした社会的イシューを扱い、思い出を蘇らせる。ソン・ドンイルとイ・イルファは前回の作品に続き、夫婦として共演し、下宿の主人として活躍する。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 09月 12日 11:16