[ドラマ] 韓国版『ミタ』、タイトル変更論争に…女性団体が「家政婦」に抗議

SBS(ソウル放送)の新しい月火ドラマ『あやしい家政婦』が放送前からタイトル論争に巻き込まれている。家政婦の代わりに「家事ヘルパー」を説明するという、台本にはない場面を追加したが、女性団体側は依然として強硬な立場を示している。

10日、SBS側関係者は韓国の日刊スポーツとの電話インタビューで「最近、『家政婦』という単語に対する女性団体側の抗議を受け入れ、タイトルだけに『家政婦』という単語を入れた。劇中では最大限、使用を自制する計画だ」と明らかにした。

続いて「本来、台本にない場面も入れた。ウン・サンチョル(イ・ソンジェ扮)一家の隣に住む子どもがパク・ボンニョ(チェ・ジウ扮)を見て『お隣の家政婦さんだ』と言うのに対し、その母親が「『家政婦』でなく『家事ヘルパー』と言わないとダメよ」と諭す場面だ。ドラマで出てくる家政婦という単語も家事ヘルパーに修正している」と明らかにした。

半面、女性団体は「家政婦」という単語を台本だけでなくタイトルにも入れてはいけないという立場だ。

韓国女性労働者会側は「『家政婦』という単語を使わないでほしいと、SBS側にわれわれの立場をはっきりと伝えた。今後の追加抗議などの具体的な計画はSBS側の対応を見て決める」と伝えた。

これに先立ち、韓国女性労働者会や全国家庭管理社協会などは、先月2度にわたってSBS側に意見書を送ったことに続き、6日にはソウル木洞のSBS社屋の前で記者会見を開いた。団体は「『家政婦』は家事労働者を見下し、自尊心を低めるような用語」とし「われわれは家事を専門にする家事労働者だ」と主張した。

『あやしい家政婦』の前にも、昨年にはKBS(韓国放送公社)第2テレビ『ファミリー』と『優しい男』がタイトル論争に巻き込まれてタイトルを変更していた経緯がある。2011年にはKBS第2テレビ『家政婦』が女性団体の反対にあい、『ロマンスタウン』にタイトル変えを余儀なくされていた。

SBS関係者は「『あやしいヘルパー』や『あやしい家事ヘルパー』にタイトルを変えることはできない立場。日本原作のタイトルが『家政婦のミタ』であり、ここで『家政婦』という単語には劇的な効果がある」とし「すでに抗議内容を最大限に受け入れ、ドラマ内容まで変えているので、タイトルだけは理解してもらえるよう願う」と明らかにした。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 09月 11日 10:20