[芸能] “WIN”Aチームの認知度vsBチームのチームワークのバトルが話題に

YGエンターテイメントの新人サバイバル番組“WHO IS NEXT:WIN”の高い認知度を誇っているAチームとチームワークの強いBチームのバトルが連日話題になっている。

YGの新しいグループWINになるためにAチームとBチームに分かれた11人の練習たちは、本格的なバトルに先立ち、2回の月末評価でBチームが2度勝利した。

Aチームに属しているカン・スンユンは、“SUPER STAR K2”で有名になり、ソロアルバムまで出した実力派シンガーだ。イ・スンフンは“Kポップスター”出身で、ソン・ミンホはデビュー前からファンたちが出来る程の有名な実力派ラッパーだ。

Aチームに対抗するBチームは、相対的に認知度が低い。しかし、Aチームに負けないほどの存在感を誇っている。

YG練習生の初期メンバーであるB.I、バビ、キム・ジンファンを中心に、優れたダンスの実力の持ち主ク・ジュンフェ、魅力的なボイスキム・ドンヒョク、ビジュアル担当のソン・ユンヒョンがずば抜けたチームワークを誇っている。

認知度面では多少有利なAチームだが、メンバーそれぞれの強い個性により、チームワークを発揮せずに二回もバトルで負けてしまった。そのため、ひとつのチームになるために成長して団結し、プレッシャーに勝ち抜くことが勝負のキーポイントになっている。

Bチームも回を増すごとに魅力的なキャラクター達が登場し、メンバーそれぞれの個性が少しずつ明らかになっており、Aチームの認知度にも対抗できるのではないかと期待を集めている。

一方、13日に放送される“WIN”では、YGとJYPのプライドをかけた対決が繰り広げられる。MnetとtvNと通して連続放送され、ダウムのモバイルアプリでも生中継される。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 09月 11日 17:22