[ドラマ] 少女時代ユナとイ・ボムス“総理と私”で20歳の年の差カップルなるか?

イ・ボムスの所属事務所HBエンターテイメントの関係者は9月11日、newsENに「イ・ボムスがKBS 2TV“総理と私”(脚本キム・ウニ、ユン・ウギョン)出演依頼を受け、関係者たちと議論中だ。有力だとコメントするのも用心深いところだ」と話した。少女時代ユナの所属事務所SMエンターテイメント関係者は、「ユナが“総理と私”の出演依頼を受け、議論中だが、確定した事項は全くない」と明かした。

“総理と私”は、映画“サウンドオブミュージック”の韓国版とも呼ばれる作品だ。ある国の総理と家庭教師として入ってきたミュージカル教師の話を描いた作品で、SM C&Cが製作することが明らかになった。

イ・ボムスが出演依頼を受けた役は、40代で最年少の国務総理となり冷たいカリスマを持った人物だ。ユナが出演依頼を検討しているキャラクターは、ミュージカル女優になる夢を見ていたが、すべてを諦めて平凡でがむしゃらに生きている人物だ。2人とも出演を決定した場合は、20歳の年齢差カップルとして共演することになる。イ・ボムスは今年43歳、ユナは23歳だ。

“総理と私”は、“未来の選択”(脚本ホン・ジナ/演出クォン・ケホン)の後続作品として12月に放送される予定だ


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 09月 11日 13:58