[映画] チャンミン主演映画“黄金を抱いて翔べ”が10月10日に韓国で公開決定

妻夫木聡、チェガン・チャンミンなどの豪華なキャスティングで話題の映画“黄金を抱いて翔べ”が10月10日に韓国国内での公開を決定した。

“黄金を抱いて翔べ”は、日本最高のベストセラーであり、1990年日本の推理サスペンス大賞を授賞した小説を原作として作られた作品だ。韓国国内で“パッチギ!”で有名な井筒和幸監督がメガホンをとり、高崎映画祭、大阪シネマフェスティバル、日本アカデミー賞などの豪華な授賞経歴で作品性を認められた。

日本最高峰の俳優であり、韓国国内でも人気のある妻夫木聡と浅野忠信が主演を務めた。ここに日韓両国で最高の人気を誇っている東方神起のチェガン・チャンミンがモモ役として登場する。

チェガン・チャンミンは、この作品を通して第27回ホウチ映画賞男優助演賞にノミネートし、日本アカデミー賞男優助演賞授賞、日本映画評論家対象の新人賞を授賞した。

映画“黄金を抱いて翔べ”は、最高の実力を持った6人の泥棒たちが一つになり、史上最大の240億の金塊の強盗作戦を計画する犯罪アクションスリラーだ。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 09月 11日 10:33