[ドラマ] 俳優イ・ジュンギ、ファンからのプレゼントを寄付…おむつから米まで

俳優のイ・ジュンギが1カ月前にドラマ制作発表会の時にファンから受け取ったプレゼントを寄付した。

イ・ジュンギは所属事務所を通じて10日、飢餓対策機構に寄付証書を伝達した。

寄付した物品は、7月31日に行われたMBC(文化放送)のドラマ『Two Weeks』の制作発表会の際にイ・ジュンギがファンから受け取ったもので、米や卵、おむつ、煉炭、粉ミルクなど多岐にわたる。

所属事務所側は「イ・ジュンギは日本や中国、香港、台湾、フィリピン、カナダ、ルーマニア、ロシアなど15カ国のファンからプレゼントを受け取った。多国籍ファンから米花輪6870キログラム、卵2000個、おむつ2128個、煉炭2100本、粉ミルク21缶を贈られた」とし「イ・ジュンギはファンから受け取ったこれらの物品を有益に使いたいと明らかにしていた。悩んだ末に飢餓対策機構にすべて寄付することにした」と伝えた。

飢餓対策機構は、イ・ジュンギが寄付した米などの物品を全国の欠食児童や一人暮しのお年寄りなどのために大切に使う予定だと伝えた。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 09月 10日 10:36