[K-POP] CNBLUE、中国広州での初公演…7500人が歓呼

CNBLUE(シーエヌブルー)が中国広州での初めての単独公演を盛況のうちに終えた。

7日午後、広州国際体育芸術センター(Guangzhou International Sports and Arts Center)で開かれた「サムスン・ギャラクシーとともにする 2013 CNBLUE BLUE MOON WORLD TOUR Live」の公演にはおよそ7500人の観客が訪れ、熱狂的な公演を楽しんだ。

ジョン・ヨンファは「広州で初めての公演だが、大きな関心と愛をいただき本当に感謝している」と感謝の気持ちを伝えた。また広東語の挨拶と前もって準備した広東語のコメントで観客から熱い反応を得た。

メンバーは『Where you are』『Get Away』『one time』などをはじめ、アルバム『Re:BLUE』に収録された『I’m sorry』『俺という男(ナランナムジャ)』『Coffee shop』『ラララ』などのジョン・ヨンファによる自作曲に続き、『ひとりぼっち』『直感』『LOVE』などの代表的なヒット曲を含む合計23曲を熱唱した。

所属事務所FNCミュージックは「メンバーは公演の間ずっと観客と息を合わせ、いつもよりも熱い公演を繰り広げていた」で伝えた。

アンコール曲『Feel Good』を歌い終えてから、9月15日に誕生日を迎えるイ・ジョンシンのサプライズ誕生日パーティーが開かれた。舞台の上にケーキが登場して、客席からは「Happy Birthday to JungShin!!」と掲げるプラカードイベントが行われ、メンバーは観客と一緒にバースデーソングを合唱して雰囲気を盛り上げた。

また今回はCNBLUEの広州での初めての単独コンサートということで、6日に開かれた記者会見には主な現地メディアが高い関心を見せ、取材陣の熱気も相当なものだった。

一方、CNBLUEは30日に中国上海でも引き続きワールドツアー公演を行う。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 09月 09日 15:18