[芸能] レディー・ガガ、ニューアルバムの衣装は韓国人デザイナーの作品

レディー・ガガのニューアルバムの衣装が韓国の新鋭デザイナーイ・カヨン氏の作品だと明らかになった。

世界のトレンドの中心に立っているポップ歌手レディー・ガガがニューアルバムのプロモーション活動のための衣装として韓国人大学院生の卒業作品を選んだ。

話題の主人公は今年3月に英国セントマーティンファッションスクール修士過程の卒業を控えているデザイナーイ・カヨン氏。彼女がレディー・ガガの衣装を担当することになったのは偶然の機会から始まった。レディー・ガガ専属担当のスタイリストであるブランドン・マックスウェル氏が1年8カ月ぶりに発売される4枚目のアルバム『ARTPOP』のコンセプトに合う衣装を探していた。偶然、イ・カヨン氏の卒業作品展に行って彼女が作ったコレクションに惚れ込んだ。

レディー・ガガもやはり、イ・カヨン氏のコレクションの主な特徴である大胆なカッティングやひだの入った革のパッチなどディテールが気に入ったという。強烈な個性と革新を追求する自身のイメージを代弁しつつ、ブラック&ホワイトやスキントーンカラーの使用によって洗練された女性の美しさの追求を逃さない点を高く評価したと分かった。眺める視線と角度によって優雅さと強靭さという全く違う雰囲気を演出できるという点で、プロモーション衣装として完ぺきだという評価を得た。

イ・カヨン氏は「レディー・ガガからの要請により合計8着の衣装を提供したが、世界的な巨匠の衣装を主に選んでいるレディー・ガガが大学院卒業を控えた学生の卒業作品を選択するとは期待していなかった」として「レディー・ガガが選んだデザイナーということが知られデザイナーとして幸先のよいスタートが切れたし、未来に私の名を連ねたブランドを展開するデザイナーに成長するという夢を再確認できた」と喜んでいた。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 09月 09日 14:38