[芸能] LADIES’CODEリセ「ダイビングはビルの上から飛び降りる感じ」

LADIES’CODE(レディースコード)のリセがMBC(文化放送)のバラエティ番組『スターダイビングショー‐スプラッシュ(以下、スプラッシュ)』に出演した感想を伝えた。

リセは最近『スプラッシュ』の予選に出演し、逆立ち飛込という難度の高い技術を見せて総合点数1位で本選行きを確定した。だが、最近では複数の出演者が大小の負傷に苦しめられ、芸能人がこなすには無理がある芸能でないかという反応も出てきている。コメディアンのイ・ボンウォンは最近、顔面を負傷して番組を降板していた。

リセは韓国の日刊スポーツとのインタビューで「初めは人間ができるスポーツでないと思った」と、『スプラッシュ』出演の感想を伝えた。リセは「7.5メートルは人が恐怖を感じる高さ。飛び込み台に上がると本当に怖い。ビルの上から飛び降りる感じがする」と素直な気持ちを伝えた。

技術に対する困難にもぶつかっている。リセは「1話で見せた技術(逆立ち)は今はもうできない。激しい恐怖心が先立ち、毎回状況が変わる。練習は欠かさずしているが、放送当日に奇跡が起きたらいいなと思ってやっている。LADIES’CODEのために飛び込んでいる」と伝えた。

リセが所属するガールズグループのLADIES’CODEは5日にセカンドミニアルバム『Pretty Pretty』をリリースした。タイトル曲『Pretty Pretty』は、作曲家のスーパーチャンタイの曲でラッパーのヤン・ドングンがフィーチャリングしている。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 09月 05日 15:32