[芸能] VIXXレオ“アイドル陸上大会”で負傷、「しばらく踊れない」

MBC秋夕特集“アイドルスター陸上アーチェリーフットボール選手権大会”の収録が9月3日午後、京畿道高陽市一山(キョンギド・コヤン市・イルサン)の高陽室内体育館と高陽総合運動場で行われた。この日、レオはフットサル競技の主将として立ち上がったが、負傷を負ってしまった。

これに関し、VIXXの所属事務所ジェリーフィッシュエンターテイメント側の関係者は、4日公式ファンカフェを通してVIXXレオの負傷に関して発表した。関係者は、「今日フットサル競技の予選試合中にレオ君が負傷したと聞いて驚いたファンの皆さんも多いと思います。負傷はひどくはないですが、しばらくステージで踊るのは控えた方がいいという診断結果を受けました。レオ君の安定のために『デ・ダ・ナ・ダ・ノ』の最後の放送の日程をキャンセルしようとしましたが、ファンの皆さんにステージをお見せしたいというメンバーたちの意志が強く、誰よりVIXXのステージを待ってくださるファンのみなさんのために、すべてのスケジュールを行うことにしました。しかし、今週の放送でレオ君がイスに座ってステージをお見せすることになりました。明日の事前収録や放送でレオ君を見て驚かれると思い、事前にお知らせさせていただきます」と説明した。

一方、過去サッカーの国家代表幼少年出身のレオは、“アイドル陸上大会”のフットサル競技でチームの主将を務め、先制ゴールを決めるなど活躍を見せた。しかし、相手チームのタックルにひっかかり、負傷を負い、結局応急室で治療を受け、足にギプスをすることになった。

レオは音楽番組のステージにはあがるが、個人の活動スケジュールを全面キャンセルした。計画されていたKBS 2TV“出発ドリームチーム”の撮影はレオの代わりにメンバーのラビが参加することになった。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 09月 04日 11:35