[映画] 俳優チョ・インソン、映画『拳法』出演が白紙に

俳優チョ・インソンが除隊後の復帰作として選んだ映画『拳法』の出演をついにあきらめた。

『拳法』側の関係者は「プロダクションの日程と俳優のスケジュールが合わず、結局出演は失敗に終わった」としながら「新しいキャスティングを準備しなければならない状況」と伝えた。

『拳法』は製作費200億ウォンが投入されるブロックバスター作品。未来都市を背景に正義感あふれる主人公が村を守るために戦う過程を描いたSF映画だ。『トンマッコルへようこそ』を制作したパク・クァンヒョン監督のカムバック作でもある。当初、チョ・インソンの2011年の除隊後の復帰作として選んでいたが、制作が遅れ残念な思いをすることになった。チョ・インソンはSBSドラマ『その冬、風が吹く』で復帰を飾った後も『拳法』には必ず出演するとの意志を見せていたが、数年間も撮影日程が決まらず結局あきらめることになった。『拳法』は、6月にCJ E&Mが中国投資を誘致して制作が具体化されていた。だが中国側との意見の相違で再び撮影が延期になった。チョ・インソン側としては下半期と来年の日程などが重なって、これ以上待つことはできない状況となった。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 09月 03日 10:51