[映画] 宮崎駿監督、電撃引退宣言、韓国メディアも報道

韓国メディアは2日、「日本アニメーションの“巨匠”宮崎駿監督が、『風立ちぬ』を最後に引退すると宣言し、日本内外に衝撃を与えている」として一斉に報道した。

日本メディアによれば1日、スタジオジブリの星野康二社長はヴェネツィア国際映画祭で記者会見を行い「宮崎監督が最近発表した『風立ちぬ』を最後に引退する」と明らかにした。

日本メディアは、9月6日に宮崎監督が直接記者会見を行い引退を決意した理由について明らかにすると伝えた。宮崎監督は1978年に『未来少年コナン』でデビュー後、『となりのトトロ』、『風の谷のナウシカ』、『千と千尋の神隠し』など多数の作品を発表してきており、韓国内にも数多くのファンがいる。


Copyright 中央日報日本語版 2013年 09月 02日 09:48