[K-POP] 歌手G-DRAGON、9月に初の展示会開催…ナンバー「8」がコンセプト

BIGBANGのG-DRAGONが個人展を開く。

G-DRAGONは9月10日から17日までの8日間、ソウル江南区清潭洞(カンナムグ・チョンダムドン)のカイスギャラリーで個人展「G-Dragon space eight」を開催する。この展示会はG-DRAGONを象徴する数字の「8」をテーマにしていて目を引いている。

G-DRAGONは1988年8月18日生まれで普段から「8」を自身のラッキーナンバーだと表現するなど愛情を見せてきた。8日間、1日8時間の展示時間、88点の展示物、観覧料8800ウォン(約780円)、800の限定版図録など展示会に関わるすべてのものが「8」をモチーフにして構成されている。

G-DRAGONの名を冠して初めて開催する展示会ということで、国内外のファンの大きな関心が集中すると予想される。特にG-DRAGONのグラビアや未公開のジャケットBカットのほか、ワールドツアーに使われた小道具や衣装などが展示されると発表され、いっそう期待感を高めている。

G-DRAGONは個性が強く、自分のスタイルが明確なミュージシャンで、いつも新しく大胆な変身でトレンドをリードしているホットアイコンだ。今回の展示会も彼特有のカラーを十分に観覧できる機会になるだろう。展示会開催のニュースとともに公開されたティーザーポスターは、黒いバックに白い文字で「G-Dragon space eight」と数字の「8」が単純ではあるものの感覚的に表現されていて好奇心を刺激している。

最近、ワールドツアーで世界の観客を熱狂させたG-DRAGONは、8月31日と9月1日の2日間、ソウルでファイナル公演を行う。このコンサートでセカンドアルバムの新曲披露舞台を行う予定ということで期待を集めている。

一方、この公演の有料チケットの所持者は展示会の無制限無料入場が可能だ。今回のセカンドアルバムに同梱されているチケット持参者の場合、1回の無料入場が可能で、ファンには嬉しい贈り物となりそうだ。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 08月 30日 09:18