[芸能] “WIN”ソン・ミンホ“G-DRAGONとSOLを足して二で割ったビジュアル”

YGエンターテイメントの新人グループを選抜する“WHO IS NEXT:WIN”のAチームリーダーであるソン・ミンホは、Epik Highと初めて会った席で「SOL(テヤン)とG-DRAGONに絶妙に似てる」と驚かれるほど、BIGBANGの2人の大スターに似ているビジュアルの持ち主だ。

ソン・ミンホは優れたラップの実力を持ち、レベルの高い作詞の能力までずば抜けていることが明らかになった。YGのヤン・ヒョンシク代表が“WIN”の製作発表会で、「カン・スンユンとともに注目しているAチームの練習生だ。1TYM(ワンタイム)のテディを連想させる実力のあるラッパー」として言及しており、注目されていた。

カリスマ溢れる目と、優れたファッションセンスを持つソン・ミンホは、“SUPER STAR K”出身のカン・スンユン、“K-POPスター”のイ・スンフン、Bチームの万能リーダーB.I、努力の天才キム・ジヌを中心に構成された1話の放送の中で短く紹介されたが、確実に存在感を見せつけた。オンラインを中心に関心を集め、彼の活躍に期待が集まっている。

一方、8月30日午後10時にMnetで放送される“WIN”の2話の放送では、前回に続きAチームとBチームのメンバーにそれぞれ照明を当てて、本格的な対決に入る2チームの新しい月末評価を準備する過程を収めた。Bチームより遅れているという評価を受けたAチームは、悩んだ末に選曲を終えて、練習に突入した。ヤン・ヒョンシク代表にAチームのリーダーとして指名されたソン・ミンホは5人のメンバーの結束力を固めるために積極的に取り組んだ。

“WIN”は、数年間のYGトレーニングシステムを経た11人の練習生がAとBに分かれ、熾烈なバトルを繰り広げるサバイバル番組だ。2チームの候補が10週間で計3回のバトルを繰り広げ、オンライン、モバイル、生放送のメール投票など、100%大衆の意見によって選ばれたチームがBIGBANG以降8年ぶりにデビューするYGの新人男性グループ“WINNER”としてデビューするリアルプロジェクトだ。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 08月 30日 16:15