[K-POP] TEENTOP、新曲の制作発表会で今回の新曲についてコメント

TEENTOPのニエルは、27日にソウルの蠶院洞(チャムウォンドン)フラディアで開かれた新しいミニアルバム『TEEN TOP CLASS』のカムバック記者会見で、「TEENTOPの中でも好き嫌いが分かれた。最初から好んでいたメンバーもいたし、聞いていたら好きになったメンバーもいた。最初はどうかなと思ったけど、聞いていると本当に良い歌なので、たくさん応援して下さい」とタイトル曲『Rocking』についてコメントした。

TEENTOPのメンバーの中で、この曲に対し好感を持たなかったメンバーはチョンジ、リッキー、チャンジョであったという。チョンジは「ずっと聞いているといいんだけど、最初は大丈夫かなあと思った。ダンスと一緒にやってみると本当にいい曲だった。だからタイトル曲にすると言った」と話した。

また、チャンジョは「今までの曲はビビっときていた。今回の曲は何のジャンルだろう?そう思った。ダンスの練習をしながらずっと聞いていると中毒性もあって、楽しい雰囲気で好きになった」と明かした。

反面、ニエルは「聞いた瞬間から良かった。最初に聞いた時は僕一人だけが良いと言っていた」と今回の曲を初めて聞いた時の感想を話した。

TEENTOPをプロデュースした神話のエンディの反応はどうだったのであろうか。エルジョは「エンディさんはこの歌を聞いて、感じるものがあったと言っていた。神話先輩たちは歌を選ぶ時にビビっと来るものがあるんだけど、僕たちの歌を聞いてビビっと来たと言っていたので、力になった」と話した。

リッキーは「エンディさんは前のアルバムまでは舞台で楽しみなさいと言っていたけど、今回は僕たちのダンスを見て、骨が折れそうだ。体に気をつけなさいと言っていた」とエンディのアドバイスを明かした。

一方、TEENTOPの新曲『Rocking』は勇敢な兄弟がプロデュースし、強烈なビートで楽しいクラブ風のダンス曲だ。TEENTOPはこの日のショーケースを皮切りに、本格的な活動に入る。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 08月 28日 15:21