[ドラマ] CNBLUEヨンファ、ユン・ウネ、イ・ドンゴンがドラマ“未来の選択”出演決定

10月から放送予定のKBS 2TV“未来の選択”(脚本ホン・ジナ/演出クォン・ケホン)側は、ユン・ウネ、イ・ドンゴン、チョン・ヨンファなどで構成された最強のキャスティングラインナップを公開した。

特に“ベートーベンウィルス”、“キング~Two Hearts”など最高のドラマで多くのファンを持つホン・ジナ作家と、“悪い愛”、“強力班”で繊細ながらも洗練された演出を見せてくれたクォン・ケホンPDが意気投合し、2013年の下半期を独占する最強のドラマだと話題になっている。

次元が違う“神タイムスリップ”ドラマである“未来の選択”は、放送作家として働いている女性が過去の自分に出会い、人生についてアドバイスをしながら繰り広げられる独特なストーリーを描く。テレビ局のPDと放送作家、アナウンサーとビデオジャーナリストなどの放送系の人々の仕事と愛を今まで見たことのない新しい視覚から扱った作品だという。

ドラマ“会いたい”以来約1年ぶりにブラウン管に帰ってくるユン・ウネは、いつも「大丈夫!」と言っているナ・ミレ役を演じ、明るくて愛らしい魅力を発揮する予定だ。大企業のコールセンターの職員で適当に生きていたところで、ミレの自分自身だと現れたある人をきっかけに自身が本当にやりたかった道を探し、新しい人生に向かって進んでいくという成功ストーリーを描く。

昨年3月に除隊後、次回役を選びながら復帰を準備していたイ・ドンゴンは、2008年のドラマ“ラブ・トレジャー〜夜になればわかること〜”以降5年ぶりにお茶の間に帰ってくる。クールな面があるが、自分の考えがはっきりしているテレビ局の代表アナウンサーキム・シン役を演じ、今までイ・ドンゴンを待っていた視聴者たちにまた新たな魅力を見せてくれる予定だ。

チョン・ヨンファもドラマ“オレのことスキだろ”以降2年ぶりに“未来の選択”でドラマ復帰する。彼はアメリカフィルムスクールを卒業したVJであり、テレビ局CEOの孫であるアンダーカバーボスパク・セジュ役を演じ、放送、映画、すべてを握るメディア帝国を夢見るCEOのソフトなカリスマを見せ、女心を鷲掴みにする予定だ。

制作会社のエネックステレコム側は、「制作陣はキャラクターによく似合い、適切な俳優たちをキャスティングするために悩みに悩んだ。完璧な作品をお見せするために最高の努力をしてキャスティングを決定したので、たくさん応援して下さい」と話した。

“未来の選択”は“グッドドクター”の後続として10月から放送予定だ。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 08月 27日 10:50