[芸能] キム・ジュンス、ミュージカル『エリザベート』で全回ソールドアウト

キム・ジュンスがミュージカル『エリザベート』で連日ソールドアウト記録を続けながらスタンディングオベーションを引き出している。

トート役で熱演中のキム・ジュンスは14日の初公演から8回の公演で全席からスタンディングオベーションを受けた。

C-JeSエンターテインメントは、「キム・ジュンスが昨年の初演に続き7月に開幕したミュージカル『エリザベート』のトート役で観客の前に立った。初演の時に観客と評壇で好評を受けたキム・ジュンスは再度の進化で再演公演を席巻しており、世界で唯一無二なトートという評価を受けている」と明らかにした。

キム・ジュンスは初演でクロヒョウのような動物的な本能のトートを見せたなら、今回の再演では黒髪と死の翼を形象化したアイメークと赤い唇などでバンパイアのような涼しくて致命的なトートに再武装した。初演メンバーとして劇に対する徹底した解釈と毎シーン、全配役のキャラクターを理解しようとしたおかげでキム・ジュンスは劇全体を掌握する中で『最後のダンス』『闇が広がる』などのソロナンバー舞台で観客を完璧に吸い込み魅了した。

C-JeS関係者は、「キム・ジュンスは毎公演後に徹底して自身の公演をモニタリングし、細かな動作とせりふひとつまでチェックするなど毎舞台に情熱を注いでいる」と明らかにした。

あるミュージカル関係者は、「この夏の大劇場ミュージカルで全回ソールドアウトを記録したキャスティングはエリザベートのキム・ジュンスが唯一だ。劇の完成度にスター俳優の熱演が加わり海外のファンも初演から進化した必ず見なければならない公演に挙げ、ヤミチケットも探しにくいチケット戦争状況だと聞いた」と明らかにした。

ミュージカル『エリザベート』は1992年にオーストリアのウィーンで初演され20年にわたり愛されてきた作品で、世界的な劇作家ミヒャエル・クンツェと作曲家シルベスター・リーバイの作品で「死」と愛に落ちた皇后という独特の設定のストーリーと欧州特有の雄壮な音楽、華麗な舞台装置と衣装が調和を織りなす秀作だ。キム・ジュンスは『エリザベート』で拒否できない神秘な魅力の「死」の役を担い自由を渇望したエリザベートと運命的に愛に落ちるよう役を務めた。

一方、キム・ジュンスのミュージカル『エリザベート』は3万席全席が売れた状態で、視野制限のある席まで登場し話題を集めた。キム・ジュンスは28日午後8時に芸術の殿堂オペラ劇場で熱い歓呼を続ける予定だ。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 08月 26日 13:19