[芸能] 俳優クォン・サンウ「他人と重なるイメージは望まない」

俳優のクォン・サンウが俳優としてアイデンティティに対して自身の考えを明らかにした。

クォン・サンウは26日に公開されたファッション雑誌『ハーパース・バザール・コリア(Harper’s Bazaar Korea)』9月号のインタビューを通じて「他の俳優と比べると、アウトサイダーのような気になる時がある。私自身も他の俳優のイメージと重なりたくない」と話した。

続いて「人々から『クォン・サンウは独自路線を歩んでいるようだが、うまくやっている』という言葉を聞きたい」とし「演技をしていて、私が出演した作品を見て観客が笑ってくれる時が一番幸せだ。だから私は愉快な俳優でいたい」と目標を話した。

10月放送予定のMBC(文化放送)の新しい水木ドラマ『メディカルトップチーム』(仮題)で、クォン・サンウはハートフルな心を持つ天才外科医師役を演じ、デビュー以来初めて医学ドラマに挑戦する。

クォン・サンウは「このような役割をすることになるだろうとは想像もできなかったが、ドラマで白衣を着ることになった。クォン・サンウが財閥家の息子や王子様の役割ではなく、現実的なキャラクターも安定した演技でこなせる役者だという言葉を聞きたい」と話した。

一方、クォン・サンウは今回の同誌のグラビアで、優れたスーツの着こなしととマッチョ的な魅力を発散して関心を集めている。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 08月 26日 10:28