[K-POP] NU’ESTカムバックでアラームダンスと寝言ダンスが話題


NU’ESTはカムバックステージを披露した後、神秘的なステージで連日話題になっている。特にタイトル曲『寝言』の独特なポイントダンスに関心が集まっている。

最も印象的な振り付けは、“アラームダンス”と呼ばれるリーダーJRのソロパートダンスだ。JRを中心としてメンバー4人がお互いの体に寝転がるという難易度の高いパフォーマンスである。『寝言』というタイトルにピッタリの新鮮な振り付けが多彩なステージを作り上げたという評価だ。

また、もう一つのポイントダンスは、『寝言』のハイライトであるサビ振付の“寝言ダンス”だ。寝ているところでビックリして目が覚めるというコンセプトで作られた。また、NU’ESTならではの洗練された魅力も発散し、180度変わった姿で注目されている。

一方、NU’ESTは『寝言』で活発な活動と行うと同時に、さまざまなカムバックイベントを行う予定だ。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 08月 26日 11:31