[芸能] 歌手イ・ヒョリ、歌唱力問題に「生まれ持った短所は仕方ない」

プロデューサーに変身したイ・ヒョリが15年間ついて回っている歌唱力問題について本音を明かした。

イ・ヒョリは20日に放送されたケーブルチャンネルOnStyle『イ・ヒョリのX姉さん』で「生まれ持った短所は仕方ない。他の歌手のように高音が出せないとか、そういうことで結構悩んだ」と話した。

引き続き「だからといって諦めて『私はできない』と思うことはなかった。『そう? じゃ、私はこれがダメなんだ』と考えた。どのようにすれば他の人より目立つだろうかと頭を悩ませた」とし「私ならではの路線があったのだと思う」と堂々と話した。

イ・ヒョリは1998年、Fin.K.L(フィンクル)のメンバーとしてデビュー後、2003年にソロに転向し、『10 Minutes』『U-GO-Girl』などのヒット曲を世に送り出してきた。だが一方で“リップシンク歌手”という不名誉に15年間甘んじてこなければならなかった。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 08月 22日 13:43