[K-POP] B.A.Pがガオンソーシャルチャート占領“大ブレイクアイドル”

B.A.Pは8月4週目のガオンソーシャルチャートの10位以内に3曲をランキングさせ、“最近大ブレイク中のアイドル”としての力を見せつけた。

ガオンソーシャルチャートは、韓国の大衆音楽チャートであるガオンチャートで6月に新しく作られたチャートだ。YoutubeとFacebook、Twitter、me2dayなどのSNSチャンネルのソーシャル活動を測定し、順位を決めている。国境を越えたチャンネルであるSNS活動を基盤に、既存のチャートよりも早いトレンドの反映が可能であるという点が重要なポイントである。

チャート内で3番目のミニアルバム『BDMAN』のタイトル曲『BDMAN』は3位、『Hurricane』は6位、『Doffee Shop』が13位にランクし、B.A.Pの新しいアルバムに対するファンたちの熱い関心を証明した。

特に8位にランクした『One Shot』は2月に発表した音源であり、6か月が過ぎた現在まで人気を持続している。さらには、先週よりも順位が上昇するという異例な人気を集めている。

一方、B.A.Pはアイチューンズヒップホップアルバムチャートビルボードアルバムチャートなどの国内外の音楽チャートの上位圏を席巻し、世界的に関心を集めている『BADMAN』で活動を続けていく予定だ。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 08月 22日 10:46