[映画] 韓国映画、「8月の大ヒット」の理由は? (1)

8月の劇場街に珍しい現象が広がっている。韓国映画の4作品が興行順位1~4位を占めて興行街道を疾走している。おかげで先週末、韓国映画市場の占有率が90%に迫った。

具体的に『かくれんぼ』と『風邪』は、封切り1週間を待たずそれぞれ観客200万人を動員し、封切り3週差の『雪国列車』と『ザ・テロ・ライブ』はそれぞれ800万人、500万人を超えた。今年8月全体の観客数は、昨年8月の2400万人を追い抜き歴代月別で最高値になる可能性が大きい。今年8月の観客数は19日基準で2100万人。昨年同期の1800万人よりも多い。

◆退屈な7月、熱い8月 = これは7、8月が劇場街のハイシーズンだということを勘案しても驚くべき結果だ。その上、今年の7月は相対的に興行不振を体験した。当初、映画街の忠武路(チュンムロ)では7月中旬『Mr. Go』から観客動員を予想していた。ほかの韓国映画の封切りが8月に集まったのもこの大型の競争作を避けたためだ。だが『Mr. Go』は観客数が130万人ほどにとどまり、7月全体の観客数は昨年7月より200万人以上減った1881万人に終わった。今年に入って昨年同月よりも観客が増えたり同じような数だったりした中で、観客数が大きく減ったのは7月が唯一だ。映画界ではそのためさらに8月に観客が集中したという話が出ている。

◆はえ縄漁業+はえ縄漁業 = 8月に入り韓国映画は2週間おきに2作品ずつ封切りしてそれぞれはえ縄漁業式の興行を繰り広げた。ポン・ジュノ監督の『雪国列車』の興行はもちろん、これと正面対決した新人キム・ビョンウ監督の『ザ・テロ・ライブ』が驚くべき善戦をしたのがスタートだ。『ザ・テロ・ライブ』配給会社ロッテエンターテインメントのイ・サンム理事は「うわさが広がりながら2本の映画のうち1本を選ぶのではなく2本とも比較する観客が多い」として「競争構図が形成されながら以後に公開された新作も期待値を高めたのでないかと思う」と話した。


Copyright 中央日報 /中央日報日本語版 2013年 08月 21日 09:58