[K-POP] 超新星リーダー、ユナクが除隊…2年ぶりに“完全体”

グループ超新星(ユナク、ソンモ、グァンス、ソンジェ、ゴニル、ジヒョク)が2年ぶりに完全体となった。

リーダーのユナク(29、本名:チョン・ユナク)は7月24日午前10時に京畿道龍仁市(キョンギド・ヨンインシ)に位置する陸軍3軍司令部で21カ月間の軍服務を終えてグループに戻った。ユナクは2011年10月に京畿道議政府(ウィジョンブ)306補充隊を通じて入所し、過去2年間は3軍司令部内の軍楽隊で軍楽兵として服務した。

ユナクは除隊申告を終えて取材陣とファンの前に立ち、「これまで待ってくれて、雨の中たくさんの方々が来てくれたことに感謝したい」とし「今後は良い姿で皆さんの声援に応えたい」と除隊の感想を明らかにした。

この場にはメンバー5人のほか、韓国内および日本からやって来た1350人のファンが集まった。ユナクは会いに来てくれた日本ファンに流ちょうな日本語で挨拶をし、熱い呼応を引き出した。雨という悪天候に、雨具を使いながら立っているファンを見たユナクは「テントを片づけてほしい。ファンと一緒に雨に降られたい」と話し、ファンに対する感謝の気持ちを表わした。また短いファンミーティングの途中、感激のあまり言葉が出てこず涙を浮かべるユナクの様子は、会場に集ったファンの心をジーンとさせた。

ユナクが所属する超新星は2007年10月に韓国でデビューした。2009年9月には日本進出を果たし、20枚を越えるアルバムで音楽チャートで席巻して代表的な韓流アイドルとしてその地位を揺るぎないものにした。ユナクが軍生活をしている間、残りのメンバーは日本活動やミュージカル、ドラマなどで個別活動を行っていた。ユナクの除隊と同時に国内外でファンミーティングを開始し、コンサートや新曲リリースなどで活動する予定だ。

最高の韓流雑誌『K&』は、ユナクが除隊した日にソウル江南区論硯洞(カンナムグ・ノンヒョンドン)にある所属事務所「マル企画」でユナクに会って単独インタビューを行った。この他にも『K&』9月号には、B1A4(ビーワンエーフォー)やINFINITE、BEASTの話題や俳優チョン・ウソンの酔中真談などホットなニュースで盛りだくさんだ。


Copyright 中央日報日本語版 2013年 08月 20日 15:45