[映画] JYJパク・ユチョン、映画『海霧』でスクリーン デビュー

JYJのメンバーで俳優のパク・ユチョンが、ポン・ジュノ監督がプロデュースする映画『海霧』に主人公としてキャスティングされ、スクリーンデビューを果たす。

パク・ユチョンは19日、JYJの公式LINEアカウントを通じ、「お伝えするのが遅くなり申し訳ない」と口火を切り、「それほど深く悩んだ。今回の作品からたくさん学び、一生懸命に取り組みたい」と、映画出演を控えた気持ちを伝えた。

『海霧』は映画『雪国列車』で興行の波に乗っているポン・ジュノ監督が初めて製作する映画だ。

『殺人の追憶』の脚本に参加したシム・ソンボ監督がメガホンを取る。

密航船に乗った船員を主人公に描いた映画で、劇中パク・ユチョンは船員のドンシク役を演じ、すでにキャスティングされている俳優のキム・ユンソクと息を合わせる。


Copyright 中央日報日本語版 2013年 08月 20日 15:05