[K-POP] BIGBANGのV.I、6つの音源チャートで1位…デビュー7周年を自ら祝う

グループBIGBANG(ビッグバン)の末っ子V.I(スンリ)が、グループデビュー7周年を自ら祝った。

V.Iは19日、BIGBANGのデビュー7周年を迎えて公開したソロセカンドアルバムで午後4時現在、6つの音源チャート(エムネット・バグス・オーレ・ソリバダ・ネイバー・ダウム)で1位に上がった。

タイトル曲『言わなきゃいけないことがある(GOTTA TALK YOU)』と『LET’S TALK ABOUT LOVE』が共に人気を呼んでいるという点も励みになっている。2曲のほかにも『GGBE』『Come To My』『Love Box』『YOU HOOOO!!!』などもチャート10位圏内にランクインした。事実上ミニアルバム全曲がトップ10に入り、音源チャートを席巻した。

V.I個人的にも気持ちの良い「勝利(スンリ)」だ。BIGBANGの末っ子としてG-DRAGON(ジードラゴン)・SOL(ソル)などそうそうたる兄たちに比べ多少低評価されていたイメージから脱却する機会となった。約2年7カ月ぶりに発表したニューアルバムでは作詞・作曲はもちろんプロデューシングにも参加し、アーティストとしての成長の可能性をうかがえたと同時にソロ歌手V.Iの位置づけも確固たるものにした。

V.Iのニューアルバムは21日にオフラインでも発売される。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 08月 20日 10:42