[K-POP] KARA『RUNAWAY』、メンバー演じた5編のドラマに「期待」

ガールズグループKARAが主役を演じた短編ドラマが、放映前に一部公開される。KARAは21日、4枚目のアルバムの先行公開曲『RUNAWAY』の音源とプロモーションビデオ(PV)を発表する。このPVでは彼女らが出演するシネドラマ『シークレットラブ』のハイライト映像が公開される。

『シークレットラブ』は、SBS(ソウル放送)ドラマ『その冬、風が吹く』のキム・ギュテPDとKARAの合作シネドラマだ。KARAのメンバー5人それぞれが主人公になって5編の短編ドラマになっている。ドラマは最近すべての撮影を終えて、下半期の韓国内放映を目標に編集作業の真っ最中だという。

このドラマは国内放映が目標だが、先行公開曲『RUNAWAY』がキムPD独特の美しい映像美と見事な調和をつくり出していると判断し、放送会社の公式編成前の約2分間の主な映像を、PVで最初に公開することにした。

『シークレットラブ』は、海外でも大きな人気を得ているKARAが、それぞれ主役を演じるドラマなだけに、日本・台湾などアジア主要国でも高い関心を集めている。

KARAは21日『RUNAWAY』を発表して、来月2日のカムバックショーケースを通じてタイトル曲『淑女になれない』を公開して本格活動に突入する。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 08月 20日 08:55