[映画] JYJユチョン“海霧”で映画デビュー、船員役に挑戦

JYJパク・ユチョンの所属事務所関係者は19日、newsENとの電話で「パク・ユチョンの海霧の出演はまだ確定したものではないが、キャスティングの最終段階で協議をしている。もうすぐ出演の確定のお知らせをお伝えできそうだ」と明かした。

ユチョンは“海霧”で船員ドンシクの役に選ばれた。船長役として先にキャスティングされたキム・ユンソクと共演する予定だ。ドンシクは20~30代の男性トップスターたちが候補に上がっていた役柄だ。

ユチョンは今まで“会いたい”、“屋根裏のプリンス”、“トキメキ☆成均館スキャンダル”などでドラマの主人公とした出演してきたが、映画の主役は海霧”が初めてだ。

“海霧”は“雪国列車”のポン・ジュノ監督が初めて制作に参加したとして注目されている作品であり、シム・ソンボ監督が演出を担当する。2007年に行われた演劇“海霧”を原作としており、密航船に乗った船員たちの話を描く。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 08月 20日 10:42