[K-POP] B1A4ジニョン、作曲にも演技もに長けた”万能アイドル”

ジニョン、サンドゥル、シヌゥ、バロ、ゴンチャンの5人組グループB1A4(ビーワンエーフォー)のリーダー、ジニョン(22)の才能は無限だ。

2011年4月に韓国でリリースされたB1A4のデビューアルバム『Let’s Fly』から今年5月の4枚目のミニアルバム『イゲ ムスン イリヤ ~なんで? どうして?』まで、アルバムを出すごとに『Bling Girl』『おやすみgood night』『イゲ ムスン イリヤ ~なんで? どうして?』などの自作曲を通じて絶えずファンを楽しませてきた。

優れた音楽センスはもちろん、最近では俳優としての資質まで垣間見せ、持って生まれた才能とセンスを認められている。ジニョンは最近放映が終了したケーブルチャネルtvNのドラマ『優雅な女』で、高校5年目のトラブルメーカー、コン・ミンギュ役で活躍した。

両親(オ・ヒョンギョンとパク・ソンウン)から愛されようと、分別がない行動をする世間知らずな姿、余命わずかな人生を生きるヤン・ジンソンとの切ない恋愛模様を同時に見せて豊かな表現力を思う存分アピールした。

ジニョンは最高の韓流雑誌『K&』とのインタビューで「歌手と演技者は大差ないと考える。表現方法が違うだけで、感情伝達の面においては似た点が多い」と自身の考えをすっきりと打ち明けた。

この他にも『K&』9月号には超新星のユナク、INFINITE、BEASTの話題やチョン・ウソンの酔中真談などホットニュースが盛りだくさんだ。


Copyright 中央日報日本語版 2013年 08月 19日 14:52