[K-POP] 東方神起、日本市場の頂点突き抜ける…日産スタジアム公演が持つ意味

“韓流帝王”東方神起(ユノ・ユンホ、チャンミン)の行く道に「韓流危機論」はなかった。

東方神起は8月17、18日の両日、日本の横浜にある日産スタジアムで5大ドームツアーのフィナーレを迎え計14万4000人余りの観客を殺到させた。チケット総収入(9800円全席同一)だけで約160億ウォン(約14億円)に達するものすごい規模だ。

4月から続けてきた『LIVE TOUR 2013 ~TIME~』まで累積すれば計18回の公演に85万人余りが集まった。見当をつけてみるとチケットの総売り上げだけで約870億ウォンに達する。付加収益まで合わせれば天文学的な売り上げ記録が予想される。2005年に日本でデビューして以来、最初、最高の記録を更新してきた東方神起がなぜ“韓流帝王”なのか確認できる確かな指標だ。

▲日産スタジアムに立った海外初の歌手

また今回の日産スタジアム公演は、こうした途方もない数字を超越する、より大きな意味を持つ。日産スタジアムは、東方神起よりも前に外国のアーティストに舞台を許可しなかった。正確に言うと1回の公演で7万2000席余りに達する規模に耐えられる外国のアーティストがいなかった。日本国内でもSMAP、X JAPAN、L’Arc~en~Ciel、EXILEといった国民的歌手らだけが舞台に上がっていた。韓日両国の梗塞局面が続き「韓流危機説」が頭をもたげている時に、日本の最高舞台に立って頂点を突き抜けたという点が、この意味に重量感を加えた。

東方神起としては2005年に日本でデビューした後、一度も手放さなかった“韓流帝王”のタイトルを守ったという意味を持つ。今年だけは後発隊のSUPER JUNIOR(スーパージュニア)、G-DRAGON(ジードラゴン)、2PM(ツーピーエム)、KARAなどが相次いで東京ドーム公演の興行に成功した。東方神起にだけ門戸を開放していた東京ドーム公演の希少性が下落した。だが、より大きな舞台である日産スタジアム公演に成功して日本に進出したグループのうち「一番上の兄」としての自尊心を守った。

▲遊びのレベルが違う東方神起

“レベル”が違う公演で、東方神起がなぜ韓流最高の歌手なのかを確認させた。3時間余りの間、26曲を全て日本語で歌い、公演の合間の漫談に近いおしゃべりをして「現地化というのはこういうもの」だと見せつけた。周囲400メートルほどのスタジアムをめぐるモノレールからタイムカプセルを形象化したゴンドラ、夜空を彩る花火まで注ぎ込むモノも量も途方もなかった。レパートリーもやはり隙がなかった。韓国内でも良く知られた『“O”-正・反・合』、『Catch Me』『Why?』から日本で発表したシングル『Somebody To Love』『SHINE』まで熱情的に熱唱した。

3時間以上続いた公演でファンたちは皆席を立って「東方神起」を連呼し、狂信的な反応を見せた。赤色のペンライトを揺らす7万人の観客の姿は胸が熱くなるほど雄壮だった。

ユノ・ユンホは公演最後の挨拶でファンたちに「皆さんのおかげで、うれしくて胸が熱くなる。私たちにとって最高の思い出になった」と言って喜び、チャンミンは「東方神起の歴史に新しい1ページが増えた。こんな大切な時間を皆さんと共にできて幸せ」と伝えていた。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 08月 19日 11:40