[映画] 映画「風邪」「かくれんぼ」、同時に観客数100万人を突破!

14日に上映がスタートした映画「かくれんぼ」と「風邪」が同時に観客動員数100万人を突破した。

17日、映画振興委員会の映画館入場券統合ネットワークの集計によると「かくれんぼ」は8月16日、35万2221人の観客を動員し、興行ランキング1位を記録した。累積観客数は112万5222人。同日、「風邪」は25万6032人の観客を動員し、興行ランキング2位にとどまった。累積観客数は114万458人。

「風邪」は感染速度1秒当たり3.4人、発病後36時間内に死亡する致命的な変種ウイルスが拡散する中、市民の存亡をかけその原因究明に挑む人々を描いた作品だ。また、俳優チャン・ヒョク、パク・ミンハなどが出演し、映画「MUSA-武士-」、「太陽はない」、「ビート」などを手がけたキム・ソンス監督が10年ぶりにメガホンを取った。

「かくれんぼ」は他人の家に忍び込んで生きる人から家族と家を守るため奮闘する2人の家長の姿を描いた作品だ。ソン・ヒョンジュ、ムン・ジョンヒ、チョン・ミソンなど演技派俳優たちが熱演した。その作品性の高さからクチコミで人気急上昇中の作品だ。

写真=「風邪」「かくれんぼ」ポスター


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 08月 18日 13:37