[ドラマ] 俳優イ・ジュンギ「父親を演じながら結婚の考えまで出てきた」(2)

- 殺人の寃罪を着せられずっと逃げ回る役だと、体力的にも大変な撮影が多かったようだ。

「ドラマ中でチャン・テサンが多様な方法で隠れまわる。その中で姿を隠そうと自ら土地を掘り下げ息をこらえて逃亡する場面があった。実際に土に埋められたり、死を迎えたりするとこのような苦痛や心的圧迫感を感じるだろうと怖くなった。死ぬ直前の苦痛と恐怖をちょっとだけ経験した。でもスタッフが土をシャベルで掘ってくれて本当に楽しく笑ったよ。私が愛するスタッフたちは、私が一生懸命やらなければ本当に私を殺す可能性もあると思った(笑)」。

- ドラマに没頭していると自然に結婚に対する考えがでてきたようだ。

「そのとおりだ。ドラマに集中したためか父親の演技をしたためか、自然にこういう(結婚の)考えをするようになる。『そういう時期になったのか?結婚すべきか?』、こんな気持ちになる。両親はお金をたくさん稼げと言うが、30代に入ったら結婚の考えが自然に浮かんでくるのは事実だ」。

- 序盤は釜山(プサン)が背景だ。方言やなまりの入った演技はしなかったようだが。

「私の故郷が釜山なので個人的には方言の演技は気楽だ。監督と話を交わしたが、ややもするとなまった演技をしたら、むしろキャラクターへの感情移入が台無しになってしまう可能性があるとの結論になった。それで主な配役は標準語を使うことになった。実際、方言を使えば半分が悪口だ。方言やなまった演技は映画では味が出るように見られるようだ。地方の方はよくご存知だが、それがリアルだ。次回は正しいなまりの演技をお見せしたい」。

- コン・ヒョジン、ソ・ジソプ主演のSBS(ソウル放送)のドラマ『主君の太陽』と同時間帯に放送される。

「ソ・ジソプ先輩が『2作品とも難しい環境の中で撮影しているから、どちらも1位になればいい』という素敵な話をしてくれた。ジャンル自体が違うので各ジャンルにおいて視聴者の皆さんの愛を受けられたら申し分ない。とても(大きな差で)負けなかければ良い。2つのドラマがどちらも相応のラインで多くの愛を受けたら良い」。

- 最近、韓流コンテンツや外注制作システムの問題点についての話が多い。韓流スターとしてどう思うか。

「韓流コンテンツが開発されながら競争激化したこともあって、俳優間の競争もあるようだ。それで俳優ギャランティーの問題も指摘を受けていることは知っている。だが制作会社がスタッフの処遇改善に神経をつかわず本質を曇らせることもある。故キム・ジョンハク監督の残念な死去を契機に、関係者たちが多いに悩んでみなければならないようだ。共生できる方法を模索するべきではないだろうか。簡単に出る答えではないからこれまでも解決ができていないのではないか。俳優として謙虚な姿勢で、作品に向かわなければならないと思っている」。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 08月 13日 14:37