[ドラマ] キム・ソウン、国内初ドラマトゥーン作品の主演に抜擢

女優キム・ソウンがドラマトゥーン「放課後のくじ引き」(演出/脚本:チョン・ジョンファ)のヒロインとしてお茶の間にカムバックする。

「放課後のくじ引き」は女優ヨム・ジョンア、チュ・ジンモ、ハ・ジョンウ、チョン・ギョンホ、チョン・ギョウン、チョ・ユニらが所属する韓国最大級の芸能事務所ファンタジオがドラマ「花より男子」の制作会社GROUP8と共に手がける作品だ。

高校生の奇想天外なミッション遂行記を描いたドラマで、あたかもウェブ漫画を見るような新しい形態の映像コンテンツであるドラマトゥーンとして、制作段階から話題を集めている。

今回の作品でキム・ソウンは平凡な日常を送っていたある日、校内のくじ引き部というサークルに招待され不思議な出来事を経験するヒロイン、キム・ソウン役を演じる。内気で平凡な女子高生がどんどん明るい性格になる過程をとおして新鮮な笑いを与えてくれる予定だ。

前作の「馬医」をはじめドラマ「花より男子~Boys Over Flowers」「風吹くよき日」「千回のキス」などで視聴者の心をつかんだキム・ソウンは、今回の作品「放課後のくじ引き」で更に可愛く愛らしい魅力をアピールする。

キム・ソウンは「最初に台本を受け取ったときは『とんでもないドラマだ』と思ったほど新鮮だった。毎回想像を絶するミッションと、それを遂行する過程が面白く斬新に描かれている。このようなジャンルのドラマとキャラクターは初めてだが、とても楽しく撮影している。一風変わったドラマになりそうだ。楽しみにしてほしい」と伝えた。

ドラマトゥーン「放課後のくじ引き」は9月の頭にSKの全チャンネル(NATE、hoppin、Tstore、Btv)で放送される予定だ。

写真= ファンタジオ

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 08月 10日 09:09