[K-POP] JYJの所属事務所「仁川韓流コンサート問題、正式に異議申し出」

グループJYJの所属事務所シージェスエンターテインメント側が最近、『2014仁川(インチョン)アジア競技大会成功祈願韓流コンサート』論議に関連して「組織委の最終的な立場に期待する」という反応を見せた。

JYJは2月から『2014年仁川アジア競技大会』の広報大使として活躍している。だが、9月1日に開かれる「成功祈願コンサート」の出演者名簿からはずされていることが確認され、再びJYJが放送出演を阻止されたのではないかとの論議が起こった。

これに対してシージェスエンターテインメント側は「中途半端な判断よりも組織委員会の最終の立場を待つ」との立場を伝えた。関係者は「この問題について最近、正式に異議申し出をした。組織委では交渉を担当した仁川都市公社側から『JYJが交渉を断った』と聞いて誤解していた。私たちは交渉を受けたことがないとも事実関係を正した。明日までに真偽を確認することにした」と伝えた。

さらに「組織委は9月から始まる海外広報と来年の競技大会の本格的な国内外の広報をJYJとともに進めるという立場だ。組織委の判断を信じて待つ」とつけ加えた。

現在、韓流コンサート出演者名簿にはSUPER JUNIOR(スーパージュニア)、少女時代、KARA、SISTAR(シスター)、miss A(ミスエイ)など20余りのアーティスト名が上がっている。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 08月 08日 09:01