[K-POP] B.A.P『BADMAN』でカムバック、人気大爆発


B.A.Pの3番目のミニアルバム『BADMAN』が公開直後、爆発的な人気でリアルタイム検索語に登場し、確実に築いている人気を証明した。

今月6日正午、ベールを脱いだB.A.Pのミニアルバム3集『BADMAN』のタイトル曲『BADMAN』が公開と同時に各種音源サイトチャートの上位圏にランクし、ポータルサイト内でのリアルタイム検索語にも上がり、“強烈な存在感”を見せつけた。

B.A.Pは6日に公開されたメインタイトル曲『BADMAN』の音源とミュージックビデオを通して、カリスマとエナジーを発散し、正義として立ちあがったBADMANに見事になりきった。また、今までのB.A.Pスタイルに留まらず、トラップ(Trap)ジャンルに着目し、同時に2曲を聞いているかのような新鮮な音楽に挑戦し、さまざまな面での幅広さを見せつけた。

3番目のミニアルバム『BADMAN』公開直後、さまざまなコミュニティとブログ、SNSなどでB.A.PとBADMANのキーワードである掲示物が続々とアップされ、圧倒的なミュージックビデオのスケールと、フェイスペインティングでも隠しきれないかっこいいビジュアル、そして一遍のミュージカルを見ているかのようなB.A.Pのダンスシーンにも関心が集まった。

一方、B.A.Pは8日シンガポールでパシフィックツアーの一環である“B.A.P LIVE ON EARTH”のステージに上がる予定であり、今週の音楽番組を皮きりに本格的なカムバック活動に拍車をかける。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 08月 07日 12:00