[芸能] 俳優チャ・スンウォン、過去の意味深長発言「父親は'垣根'に過ぎない」

非難の渦中にある俳優のチャ・スンウォンだが、2年前に息子に関連する発言が改めて思い出される。

チャ・スンウォンは2011年12月に放送されたMBC(文化放送)のトーク番組『チュ・ビョンジン トークコンサート』に出演し、「父親は“垣根”の役割を果たすだけだ」と話した。続いて「垣根の外は戦場なので、子どもが出会う世の中に対しての準備をさせ、垣根の中から見守るだけ」と説明した。

チャ・スンウォンが話したこの言葉が2年過ぎたいま、広く話題になっている。チャ・スンウォンの息子は祖父所有の別荘で10代の女性を監禁した状態で脅し、性暴行を加えた容疑で訴えられた。被害女性が法律代理人を通じて1日、ソウル中央地検に告訴状を届け出た。

被害女性の法律代理人側は2日、韓国の日刊スポーツとの電話インタビューで「被害女性が精神科で3カ月間治療を受けなければならないという診断を受けた。最近まで恐怖に苦しめられており、状態が好転せずに再入院した」と話した。

チャ・スンウォンの息子は今年3月には大麻を2回吸煙した容疑で書類送検されていた。また所属していたプロゲーム団から放出されている。

チャ・スンウォンは今回のこととは別に、現在行われている映画『ハイヒール』の撮影を続けている。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 08月 05日 16:05