[K-POP] G-DRAGON、デビュー作『ポポポ』の32年ぶりの廃止を惜しむ

グループBIGBANGメンバー、G-DRAGON(26、本名:クォン・ジヨン)がデビュー作『ポポポ』の廃止を惜しんだ。

G-DRAGONは5日、自身のツイッターを通じて「会うとうれしいとポポポ。別れる時、また会おうポポポ。わけもなく悲しくなるこの気持ちは何だろう。とにかくさようなら、ポポポ」というコメントを残した。

G-DRAGONは1993年、MBC(文化放送)の子ども番組『ポポポ』で芸能界入りした。自身のデビュー作ともいえる『ポポポ』が、8日の放送を最後に32年の歴史に幕を閉じるという便りを聞いて、名残惜しい気持ちを表わしたものだ。

一方、1981年5月に初めて電波に乗った『ポポポ』は8日、7755回を最後に廃止される。同番組出身はG-DRAGONだけでなく、リュ・ドクァンやシン・セギョン、KARAのギュリらがいる。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 08月 05日 15:43