[映画] 映画「雪国列車」観客動員数 200万人目前

映画振興委員会の映画館入場券統合ネットワークによると、7月31日に封切りした映画「雪国列車」は8月2日に62万 8,999人の観客を動員した。公開3日目の累積観客数を合わせれば166万 6,379人、歴代最高となる平日スコアを更新した。

前売り率でも1位の座を着実に守っているという点を考えると、同映画の興行は当面続くと思われる。特に3日午前6時の映画館入場券統合ネットワークによると340,710枚の前売り券販売、57.7%の前売り占有率を記録しており、上映開始後初めての週末には300万人観客動員数を突破すると推測される・

ジャン・マルク・ロシェットのフランス漫画を原作にした「雪国列車」は冷戦時代の異常気象によって厳しい寒さが訪れた地球で唯一の生存先である列車で繰り広げられる物語を描いている。クリス・エヴァンス、ソン・ガンホ、エド・ハリス、ジョン・ハート、ジェイミー・ベル、ティルダ・スウィントン、オクタビア・スペンサー、イワン・ブレムナー、アリソン・ピル、コ・アソンなどが出演した。

韓国国内の資本が投入された映画の中では最高額の450億ウォンの制作費が、企画および制作だけで9年以上がかかった。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 08月 03日 11:29