[ドラマ] 『グッドドクター』チュウォンvsチュ・サンウク

俳優チュウォンとチュ・サンウクは、8月5日から放送されるKBS 2TVの新ドラマ『グッドドクター』(脚本パク・ジェボム/演出キ・ミンス)で2人はそれぞれ、サヴァン症候群という自閉性向の発達障害がある青年パク・シオンと、最高の実力を持ち、タフで挑戦的な小児科専門医のキム・ドハンを演じる。

チュウォンとチュ・サンウクが小児科の手術室で、両者一歩も引かない対立が繰り広げられる姿が8月2日に公開された。チュウォンは手術室に入った患者の状態を説明しながら独り言のようにしゃべり続け、チュ・サンウクはそんなチュウォンに手術室から出ろと怒鳴りつける。

チュウォンはチュ・サンウクの怒鳴りにも負けず、ひたすら一つの言葉を繰り返し、結局口をふさがれたまま手術室から追い出されることになる。

口をふさがれた状態でもひたすら同じ単語を口にし、険しい表情を見せるチュウォンと、そんな彼を冷たい表情で見つめるチュ・サンウクの姿が描かれた。手術室での初対面が公開され、これからどんな展開になるのか注目されている。

制作者のロゴスフィルム側は、「チュウォンとチュ・サンウクは“グッドドクター”の中で対立し、ただならない雰囲気を醸し出す。すべてのシーンに全力を尽くして臨む二人の演技の情熱が、より完成度の高いドラマを作りだす原動力になっている」と明かした。5日午後10時放送。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 08月 02日 10:53